ここ一年ほど、朝起きたとき、指の先がジーンと言う感じがしてました。でも、いったん起きると気にならなくなるので、忘れてました。ある日「ためしてガッテン」で、末端の毛細血管が消える、という事例が紹介されました。
あ、私のことじゃないの。そういえば、母の付き添いで行った歯医者さんの検査機で、指先血管年齢75才だったし。で、スキップがいいのだそうです。てなわけで、始めたけど、暑いし、すぐギブアップ。なんでも3日坊主ですし。
ところが学生から「論文の添削の字が読めない」と、苦情が。そもそも字がつぶれないように0.38の赤の水性ペンをつかうのですが、それでもよれよれになる今日この頃。指先の感覚が鈍いのです。うーん、何とかせねば。
で、血管にいいのがシナモン、ということなので、早速 デパートへ。そこでマコーミック「シナモンシュガー」を手に入れました。紅茶でシナモンティを作るつもりだったので、砂糖が入ってると一挙両得かしら、と思って。
で、紅茶ばかりじゃ飽きるので、トーストにも。それを見ていた母が「どれどれ」と、手に乗せてペロリ。「あら、美味しい」と言うことなので、母のトーストにもパラパラ。しばらくすると、朝の手のごわごわ感がなくなりました。指先のジーンという感じもかなりうすれてます。
というわけで、緑茶にもパラパラ、アイスにもパラパラ。さすがに砂糖が入っているので、料理にはかけられませんが、牛乳でもコーヒーでも、いけます。あとは、血管年齢を再検査、ですね。http://www.xn--ldry53fcyatvt73b.com/